ぶどうのタルト

 暑い日もありますが、とっても過ごしやすい日和が続くウィーン。秋の訪れを感じます。この過ごしやすい短い季節って、なんだかワクワクします。冬に向かって暗くなっていくのは寂しいですが、その前の貴重な季節を大切に生活したいな。
 さて、そんな秋の訪れを感じさせる果物の一つが、ぶどう!
オーストリアもワイン畑がたくさんあるので、秋の風物としてあげられる1品ですよね。
先日、マルクトに出店しているご夫婦のお店で、ワインにできそうな濃い色のぶどうを見つけ購入しました。種がたくさんあって、生ではちょっと食べにくかったので、ジュースとジャムに調理しました。
 そのジャムをさらに進化させてぶどうのタルトを作りました。我ながらなかなかよい出来に。
 とっても濃い色はポリフェノールがたっぷり入っている証拠ですね。でも、ポリフェノールは特化して抗がん作用はないという記事を最近、見かけたのですが。ま、効能も気になるところですが、見た目も華やかになるし、やっぱり色彩は大切。見た目にも美味しくなりました。
発芽モード®玄米使用
小麦、乳製品、お砂糖、卵不使用

コメント

このブログの人気の投稿

ドイツ語のテスト(ÖSD)

お手当講座ライブのご紹介

りんごの米粉ケーキのお料理会のご報告とお料理会お休みのご案内