赤紫蘇ジュース

日本の一時帰国から戻り、ウィーンでの日常も戻ってきました。
久しぶりに土曜日のマルクトへ買い出し^^いつも訪れているお店に,
日本からのお土産、ほんの気持ちをもって、買い物へ。イタリア人の売り場のおじさんが小さなプレゼントにとっても喜んでくれて。いつも以上のサービスをしてくれました。こんなことなら、もう少したくさんお土産もって来ればよかったな。
さらに、「今日は赤紫蘇があるよ」とオススメしてくれたので、購入。赤紫蘇ジュースを作りました。
 もっとたくさん購入すればよかったのですが、とっさの出来事で少しだけしか購入せず、1回分しか作れなかったけれど、保存する必要がないので、お砂糖は入れず、とりあえず赤紫蘇エキスのみ調理。
 飲むときにはちみつをプラスして、甘味をつけました^^ソーダ水と割って爽やかな味わい。
 
 つい先日帰ったばかりの日本をまた懐かしく感じる1日でした。



ホーローの鍋はこういうときに大活躍

赤紫蘇ジュースレシピ 覚書として書き留めておきます
材料
赤紫蘇 300g
浄水  300cc 赤紫蘇の分量と同量(レシピによっては浄水が多いものあります)
リンゴ酢   大さじ1 浄水に対して20分の1の量(お好みで加減してもよい)
(保存する場合はお砂糖 50gから100g お好みで加減)
作り方
1、赤紫蘇は洗って茎から葉っぱを取り除き、葉っぱのみを使う
2、鍋に浄水を入れて沸騰させる。そこに1の赤紫蘇の葉を入れる
3、再び沸騰したら火からおろし、漉して葉と液に分ける
4、液を鍋に戻し、お砂糖を入れて、温めて溶かす
5、お砂糖が溶けたら、火を止め、リンゴ酢を入れてかき混ぜて出来上がり
あとは、このエキスを炭酸やお水で薄めていただきます。


ちなみに今回の購入では300gも赤紫蘇がなく、たったの50gで作ったので本当に1回分だけ。せっかく調理するのなら、たくさん作って保存したほうがいいですね^^


 

コメント

このブログの人気の投稿

ドイツ語のテスト(ÖSD)

お手当講座ライブのご紹介

りんごの米粉ケーキのお料理会のご報告とお料理会お休みのご案内