ザルツブルクの音楽祭

 オーストリアに住んでいる間に行っておきたかったザルツブルク音楽祭。ようやく足を運んでみました。
 ザルツブルク音楽祭は、毎年夏に開催されます。世界中の演奏家が集まり、7月下旬から8月下旬にかけて、ザルツブルクのコンサートホールで連日オペラやコンサートが開かれます。そのため、夏の間はウィーンでは有名どころの交響楽団のコンサートは行われません。
快晴のザルツブルクの街並みは美しい
ウィーンフィルも行ってみたかったのですが、あまりにも高額で家族四人ではちょっと厳しいものがあり、今回は、カメラータ・ザルツブルク演奏会と、ウィーンフィルのメンバーによる室内演奏会(弦楽五重奏と弦楽六重奏)に行ってみました。
 カメラータ・ザルツブルクの演奏会には世界的に活躍しているピアニスト、ユジャ・ワンのピアノ協奏曲を聴くことができました。やはり有名人、オーラが違う!演奏も引き込まれ、あっという間の素敵なひととき。
 室内演奏会は、知らない曲でしたが、音の質が素晴らしく、自然に心に音が染み渡りました。
 モーツアルト劇場も綺麗で、世界中のセレブらしき方達が高貴な衣服を身にまとっていました!でも、そのような人たちばかりでもなく、私たちのような一般客や学生さんのようなお客様もいました。この日はカメラを持って行き忘れ、会場の様子を記録に残すことができなかったのが、残念。
 室内楽が行われたモーツアルトテウムはばっちり収めたのですが・・
 ところで、この時期のザルツブルクは、気温のアップダウンが激しいため、初日は春の装いでは寒いくらいの雨模様でしたが、2日目は晴れて初夏の装いでオッケーでした。もし、観光で行かれる方は、寒い日も暑い日も対応できる服装を用意されることをお勧めします。

 本当に貴重で贅沢な時間・・・
 ザルツブルク音楽祭はこれからもずっと続いていってほしいな。


 
モーツアルトテウム


コメント

このブログの人気の投稿

ドイツ語のテスト(ÖSD)

お手当講座ライブのご紹介

りんごの米粉ケーキのお料理会のご報告とお料理会お休みのご案内