旅のあとの食事

 旅行は楽しい。ですが、外食が続くので、だんだんと胃腸が重くなってきます。
そのため、家に戻ったらだいたい次の週は食事に気をつけるのが日課です。
 オーストリアに住み始めて、ビーガンのお料理などいろいろ試してはいるのですが、今回、一時帰国の時、実家で穀物、野菜、お魚を中心とした和食を中心に食事をしたら、やっぱりそれが一番自分の身体にしっくりいくなあと実感。(卵、肉も適量とってました)ビーガン料理は、どうしても油や塩が多く、お肉や乳製品をたくさん食べた時よりはましですが、それでもすっきりという感じではないんですよね。
 きっとこれも人それぞれの身体の特徴があるのだと思うのですが、日本人の私はやはり日本の伝統食が一番だなと。
 ただ、オーストリアでは魚が高い!そのうえ、新鮮な魚がなかなか手に入りません。
 なので、体調を整える時は、私風の野菜たっぷりと穀物を使った日本の伝統食に近い食材を使って、ベジウィークでメニューを立てています。

 家族もそのほうがいいみたいで、旅行から帰って我が家の食事を食べるとすぐに胃腸の調子が元に戻ります。
 飽食の現代は、こうやって自分でお料理して、身体を調整する必要がありますね。
 あとは、自分の体感を大切に・・・

 
不断草のおにぎり
赤紫蘇のすし飯おにぎり
不断草の白和え
さつまいものごま塩和え
りんごと黄人参のぬか漬け
ひよこまめのスープ
これは夫用でちょっとおにぎり多いです

コメント

  1. こんにちは!いつもですが、お料理とってもおいしそうですね!センスを感じます。

    私も外国にいると必ず太ります。(今回も3キロ太りました。)日本に帰ると1週間くらいで戻ります。
    本当に日本食は偉大ですよね。そうそう!とうなずきながら読ませていただきました。

    これからもウィーンでの生活、楽しんでください!

    返信削除
    返信
    1. 匿名さん、メッセージありがとうございます!やっぱり、海外旅行は太りますよね><日本人の誇れる食文化、和食万歳ですよね^^

      削除
  2. grune ardeの枕を購入しました。やっぱりとってもよくて気に入っています。
    ワーグナーもまた機会があれば行きたいです。次回は冬の雪景色を見に。

    教えていただき、ありがとうございました。

    返信削除
    返信
    1. まくら、購入されたのですね!私も今悩んでいたのですが、やっぱり近いうちに購入しようかな。冬景色も良さそうですよね^^

      削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

ドイツ語のテスト(ÖSD)

お手当講座ライブのご紹介

りんごの米粉ケーキのお料理会のご報告とお料理会お休みのご案内