カラント

 日課の土曜日のマルクト通いで購入してきました。カラントの3種セット!
 カラントは、フランス語でカシスといいます。日本ではスグリと言われていて、どちらかというとフランス語のカシスのほうが、なぜか日本人は馴染みがあるのではないでしょうか?
 ヨーロッパに群生している実で、オーストリアのリンツ発祥のお菓子、リンツァートルテにもレッドカラントがふんだんに使われています。
 
 
 レッドカラントは酸っぱいのでりんごと一緒に煮込み、ブラックカラントは、甘みがあるので、そのままホーロー鍋に入れて、弱火でコトコト煮込みジャムに仕上げました。

 カラントには豊富なビタミンCが含まれています。
 また、ブラックカラントには、アントニアシンなどの抗酸化物質も含まれています。
 カリウムも豊富でナトリウムの排出を促してくれたりします。

 赤と紫でとても目にも美味しそう!
 このジャムを使って、お菓子も作ってみよう^0^


 


コメント

このブログの人気の投稿

ドイツ語のテスト(ÖSD)

お手当講座ライブのご紹介

りんごの米粉ケーキのお料理会のご報告とお料理会お休みのご案内