行者にんにくとすずらん 

行者にんにくの葉っぱはとてもすずらんの葉っぱに見た目が似ています。
でも、すずらんの葉や花、根には毒があって、食べると腹痛や吐き気など起こし、死にいたることもあるそうなんです。なので、ご自身で摘まれるときはこの二つの葉っぱの違いに気をつけなければなりません。私もはじめてお友達に連れて行ってもらったときに、詳しく教えていただきました。
 
 最近、マルクトでもすずらんの花が花屋さんに売られていて、行者にんにくの葉っぱは、八百屋さんに売られています。こちらは見分けがつきますね。
 どちらも手に入ったので、写真を撮ってみました。
 今回は、葉っぱの大きさが違いすぎたのでわかりやすいですが、本当に見た目は似ています。ただ、行者にんにくは、ニラのような強い香りがします。また、生え方が少し違います。すずらんは、根元が土から出ていて葉っぱが一つにまとまって生えている感じですが、行者にんにくは、土に根っこが埋もれていて、一枚ずつ葉が土から出ている感じです。ネットで画像を検索されるといいですね^^また、お花も違うので、そちらも見分けの参考になりますね。
 
 すずらんって可愛らしいお花なのに、毒持ちなんて。ちょっと意外ですね。

上が行者にんにく
下がすずらんの葉っぱ

コメント

このブログの人気の投稿

ドイツ語のテスト(ÖSD)

お手当講座ライブのご紹介

りんごの米粉ケーキのお料理会のご報告とお料理会お休みのご案内