オーストリアのビオホテル

 オーストリアはビオ大国とも言われています。それもあり、たくさんのビオのお店やレストランがあるのですが、なんとビオホテルもあります。
 大抵の人にビオホテルのことを言うと「ビオホテルって何?」と聞かれます。日本には1軒しかないので、(それもできたのは最近)当然といえば当然の質問で。
 ビオホテルでは、建物からお食事、ベットリネンやシャンプーなどすべてにおいて、環境に優しい素材を選んで提供されています。例えば、建物の資材は木材が主。そのため、ホテルに入ると木の香りがして、とても癒されます。また、電磁波を考慮した建物の設計で、ベットの周りには電磁波がでないような配線にしたり、Wifiスポットをホテル内の1箇所に限定したり(ロビーの横など)、そんな細かい配慮もされています。
 お食事は、オーガニック製法で育てられた材料で提供されます。シャンプーも自然に還元される成分でできたもの。リネンは化学繊維ではなくて、綿や麻など植物からできる素材です。
 とにかく、ビオ好きの私にはとっても癒される空間であり、貴重な場所でもあります。
以前、1軒Retterというビオホテルを紹介しましたが、最近もう1軒体験してきたので、紹介です。
 こちらのホテルは、Kerrnten州のObermillstattという地域にあるホテル。
入り口
ちょっと高台にあるので、ホテルからは近くにある湖が見渡せます。また、周りは放牧中心の牛の畜産農家が何軒かあり、ホテルの窓からお昼間は放牧地でのんびり牧草をたべている牛さんたちも見えます。お散歩していても、周りが牧草地なので、いろんな牛がたくさんゆっくり平和に過ごしている様子がみられます。
 空気もとても澄んでいて、都会のストレスが一気に解消されます。
ホテルから見える風景
ホテルの真向かいにある
牧草地
牛さんたちがのんびり過ごしています

高台にあるので、夜明けに雲海が見られました!
そんな自然の中にあるビオホテル。家族経営でこじんまりとしていますが、このアットホームな感じがまた暖かくて。夫も子供たちもとても気に入りました。
 建物は木材でできていて、ベットも木。部屋にいるととても癒されます。
 屋外プールとサウナもあります。マッサージルームもあり、予約しておけば、マッサージを受けることもできます。
 お食事は、ビオ素材で作る野菜がたくさんのメニュー。朝ご飯も贅沢なビュッフェ。夕飯はサラダバーとパンのみビュッフェスタイルであとは、スープ、前菜、メイン(こちらは2種から選択)デザートがいただけます。
味もとっても美味しい。(ただ、私はチーズと肉をたくさん食べられないので、ベーガンメニューがあったらよかったなあと思いましたが。)
 Wienからは車で4時間かかるので、かなりの遠出になりますが、とにかく癒しの空間です。ホテルの方たちもとても親切で、オーナーのおばさんとおばあちゃんが必ず毎日、お客様に挨拶をしてくれます。そんな優しさも癒しの一つです。
 次回は、近くの山の登山の様子も綴りたいなと思います。
 今回は、ホテルの紹介のみ
 名前は、Alpenrose
   サイトはhttp://www.naturhotel-alpenrose.at
 住所はObermillstatt 84, Millstatt Am See, Kärnten, Austria


レストラン
窓がたくさんあってとても気持ちいい

サラダバーでお野菜たくさん盛り付けました
ベジタリアンメニュー
アウフラウフ



デザート


コメント

このブログの人気の投稿

ドイツ語のテスト(ÖSD)

お手当講座ライブのご紹介

りんごの米粉ケーキのお料理会のご報告とお料理会お休みのご案内