難民

 最近、シリアから逃れてくる難民がウイーンにも流れてきています。私にとって、シリアはとても遠くの国でした。けれども、ここにきて、難民の波がウイーンへも押し寄せて、毎日ニュースで流れたり、知り合いから話を聞いているととても身近な問題として感じられ、胸が痛くなります。
 自分の国に住みたいのに住めないって本当に悲しすぎる。平和なヨーロッパ、特に受け入れてくれるドイツを目指して、みんな命もお金もかけて逃げてきているのです。
 何かできないかな、と思っていたら、お友達がWestbahnhof駅でお金や物(服や靴)などの寄付を募集しているよという情報をくれました。
 早速、いくつか物を集めて、寄付させていただきました。
 これで少しでもお役に立てるかはわからないし、全然問題が解決しているとは思わないのですが、自分ができること、少しでも貢献したいと思いました。
 もし、何か寄付ができるかなと思われてる方、
 Westbahnhof駅の周辺(多分なのですが、Gasgasseの出口)に現在、Caritasが物資を受け付けてるので、行ってみてくださいね。(その都度、必要なものが変わってくるとおもいます。 CaritasのFacebookを参考にしてくださいね。)https://www.facebook.com/caritas.omni.bus?fref=nf
 できること、少しずつ、世界の平和がそうやって広がっていきますように、祈るばかりです。
 

コメント

このブログの人気の投稿

ドイツ語のテスト(ÖSD)

お手当講座ライブのご紹介

りんごの米粉ケーキのお料理会のご報告とお料理会お休みのご案内