ウイーンのビオカフェ

 子供達の夏休みも終わり、ようやく日常が戻ってきました。今年のウイーンはとても暑く、37度のなる日もあり、その上、旅疲れもあり、夏休みの終わりはさすがにばてておりました。今週の月曜日から復活。
 早速、行きたかったビオカフェに。以前から、お友達に勧められていたのですが、なかなか行く機会を見つけられなくて。お友達に付き合ってもらって、やっと行くことができました。
 
 今回、訪れたのは、Herrengasseの近くにあるビオカフェ。ベーガンメニューと、ベジタリアンメニューを日替わりで提供しています。
 メイン通りからは外れた通りなので、見つけにくい。ガラス張りで明るい店内には、すでにカウンターで用意された今日のランチメニューが並べられていました。
 わたしがチョイスしたのは、ほうれん草のお焼きみたいなものとじゃがいものペースト、モロッコ風スープ(ベーガンメニュー)
ご一緒してくださったお友達は、チーズクレープのヨーグルトソースとサラダ添えとセロリとなしのクリームスープでした。
 セロリのクリームスープは少し塩気が強い気がしましたが、ほかのメニューは、ほどよい塩加減で美味しくいただきました。初めはそんなにお客さんいなかったのに、私たちが食事が終わる頃は、たくさんのお客さんがどとっと押し寄せて、店内のテーブル席もいっぱいに。
 ここの通りにはもう2店、行きたいお店があります^^また、行ったらアップします。
 
 今回のお店の名前はKöstlich
    場所は 1010 Wien Färbergasse 8
   月曜日から水曜日は11:30〜16:00
 金曜日は11:30〜15:00まで
 の営業時間です。
 



モロッコ風スープ
ほうれんそうのお焼き
ポテトのペースト

クレープとセロリのスープ
ここのカウンターで注文して最初にお支払い




明るい店内
訪れた時はお客さんはまばらでしたが、、、

外観
帰る頃にはたくさんのお客さんでした

 

コメント

このブログの人気の投稿

ドイツ語のテスト(ÖSD)

お手当講座ライブのご紹介

りんごの米粉ケーキのお料理会のご報告とお料理会お休みのご案内