2017年1月15日日曜日

エコなお掃除 in Austria

 最近、子供が体調崩したり、外は寒いので、お家仕事に精を出しております。
 こんなときは、片付けとお掃除、そしてお料理。真剣に取り組むと結構充実した1日を過ごすことができるんです。なので、たまに引きこもる時間も私には必要^^
写真が横ですみません。
ドイツ語でKristalsodaが日本語で炭酸ナトリウムです。
さて、そんな中、大好きなホーロー鍋やステンレスのお鍋の汚れがずっと気になっていたので、一気に掃除。こちらでは、重曹のお掃除用などは見かけられないのですが、その代わりに炭酸ナトリウムがDMで安く売っています。この炭酸ナトリウムがあれば、トイレ、浴室、キッチン、そしてお洗濯まで全てのお掃除に使えるんです。しかも、炭酸ナトリウムは無機物なので、環境への負荷がとってもすくないんです。そして、何より1袋2ユーロ以下で安い。DMで発見した時から、我が家に常備品です。
さて、早速お掃除開始!

ホーロー鍋の汚れを取るのを忘れていたのですが、
こんな感じだったんです。
ちなみにこちらはステンレス鍋

 
お鍋にお水を入れて、そこに炭酸水素ナトリウムを入れます
水1リットルに対して大さじ4くらい
適当^^;)
それを火にかけ、沸騰させて10分くらい煮立たせます。
汚れがひどい場合は、ここにお酢を入れてもいいかも
これも適当
大さじ1くらいかな

そのあと、アクリスたわしで磨くとこんなに綺麗になりました!
  

ステンレスの鍋もこの通り!
気持ちいい❤️

こんな感じでお掃除できますので、ぜひ、お試しくださいね。
 炭酸ナトリウムの詳細はこのサイトを参考にしました。http://www.live-science.com/honkan/partner/carbonate01.html



 

2017年1月12日木曜日

からす麦のクッキー

 昨日紹介したからす麦。
 興味が出てくると、今まで素通りしていた食品にも目がいくようになりました。その一つが、からす麦のシリアル。
 購入してみると結構美味。ポリッジにしたり、朝食の豆乳ヨーグルトにかけたりしています。そういえば、広島のあるケーキ屋さんでからす麦のクッキーを売っていたのを思い出しました。
自分でも作りたくなり、グレインズイニシアティブの製法を使って、玄米とからす麦のグラノーラ風クッキーをつくってみました。
 甘味料、乳製品、小麦粉、卵不使用ですが、われながら美味しく出来上がりました。
 娘たちにも高評価。ここにいるうちに、たくさん作っておかなくては。

いろいろなミルク


 ウィーンでは、牛乳の代わりになる穀物やナッツのいろいろな種類のミルクがビオマルクトで売られています。最近、子供たちのお勉強の休息タイムにいろいろ試しに購入しています。その中でも、お気に入りがからす麦(ドイツ語でHafer)のミルクとライスココナッツドリンク。砂糖を始め、甘味料が使用されておらず、穀物の甘味だけでほんのり甘いんです。
 からす麦は、とっても栄養価が高く、食物繊維は玄米の9倍、鉄分7倍、カルシウムが26倍もあるそうなんです(参考サイトhttps://oatlife.co.jp/enbaku/)しかも、グルテンフリーだし、糖質も少ないという面白い穀物。
 この二種類のミルクは私のお気に入り。砂糖なしの純ココアを入れて、ホットココアを楽しんだり、コーヒーのミルク代わりに使ったり。
 日本でもこの2種類のミルク、輸入してもらえないかしら。からす麦のミルクは日本だとちょっと作るのも難しそう。今のうちに楽しんおかなくては。

 
左がライスココナッツドリンク
右がからす麦ミルク

2017年1月6日金曜日

手作りいりこ

 2016年年末。「今年もおせち作るぞー」と私。「田作り作って〜」と娘・・・ 
「え、田作りはいりこがいるからウィーンでは無理無理。」
「えー、残念。あれ、好きなのに。」と娘、残念そう。

 そんなやりとりをして、ナッシュマルクトに買い出しに出かけたら、なんと、イタリアの海から新鮮な小イワシがやってきているではありませんか?!小イワシ、こちらでは見かけなくて、まさか売っているとは思いもよらなかったです。娘のやりとりを思い出して、つい、フレッシュ小イワシを購入してしまいました。生のイワシからいりこって作れるかなあ。それに、1日でいりこってできるのか?と心配はありましたが、、、
 早速、ネットで検索して、いりこを作ってみました。
 小イワシを洗って、海水くらいのお塩を入れた熱湯でさっとゆであげる。
 崩れないようにザルにあげ、水をできるだけ拭き取って、網の上に置く。
 扇風機で乾かす。
 そのあと、天日干しとなっていましたが、今のウィーンは冬だし、晴れていないから、そのまま半日室内で扇風機の風にあてました。すると、朝にはしっかりといりこが出来上がってました!さすが、ウィーン低湿度なだけありますね!
 初めて作ったので、つい下処理をしてしまったのが、ちょっと失敗。きっと、丸ごと茹であげていたらもっと形のいいいりこになっていたのかもしれませんね。
でも、いいんです。なんとなく形になってくれたので、娘のリクエストに答えられました。田作り作りました^^
 久しぶりの日本の味に、家族みんな感動。
 市場に足を伸ばしてよかったな。

 

2017年1月3日火曜日

羊毛フェルト〜酉年のとり〜

 今年は酉年。酉年にちなんだ羊毛フェルトをつくってみました。
 これまで作っておいた門松とだるまさんと一緒に並べて記念撮影。
 よい1年になりますように

2017年1月1日日曜日

明けましておめでとうございます。〜2017年

 2017年、ウィーンで年明けで。今年は、年末年始も旅行もせずにゆっくりと自宅で過ごしました。
 そのため、時間もたっぷりあり、毎年恒例のおせち料理も手の込んだものが作れました。30日にナッシュマルクトのお魚屋さんに行ってみると、なんと新鮮小イワシ発見!これで田作りも加えることができました。
 全部で7品
 ・田作り
 ・グレインマイスター流伊達巻
 ・黒豆
 ・海老
 ・筑前煮
 ・紫大根とりんごのなます
 ・栗きんとん
 これだけ作ると半日仕事。夕方にはクタクタ。街からの爆竹や花火の音も気になることもなく、かなりゆっくり夜は就寝できました(笑)
 
 昨年は、ウルフさんの台所からお知り合いも増え、いつも訪問してくださってありがとうございました。今年ものんびり更新ですが、どうかよろしくお願いいたします。
 皆様にとって、素敵な2017年になりますように・・・

 

2016年12月26日月曜日

クリスマスのお料理

 静かなクリスマス。家族で過ごすディナーを子供達と作って1日を終えました。
今年は、美味しいビオハム、ビオサーモンなども少し取り入れて、少しゆるめのヘルシー料理に仕上げました。
 メニューは
 前菜:豆腐チーズとアボカドペースト、ビオハムの前菜
    ハムはお花の形にしておしゃれに盛り付け
 パン:薪で焼いているパン屋さんGraggerの黒パン
 スープ:サーモンとお野菜のクリアスープ
 サラダ:リースのサラダ〜レーズンドレッシング添え
 メイン:サーモンとほうれん草のステュデュードゥル〜ホワイトソース添え〜
 ケーキ:ミルフィーユのクリスマスツリーバージョン

 メインは、オーストリアの伝統料理Strudel(小麦粉の薄い生地をのばしたものに具を巻いて焼き上げる料理)をグレインズイニシアティブの製法を使って、玄米でアレンジしました。ホワイトソースは、豆乳とココナッツミルクでコクがあるけれどヘルシーな仕上がりに。
リースのサラダは、簡単なのでリピートメニュー。ケーキは、子供達が自分たちでアレンジして作ってくれました。抹茶の豆腐クリームと栗クリームを使って、甘さ、かなーり控えめでした。

 25日は街を歩いていても、人がまばら。とても静かな1日でした。正午には教会の鐘が街中に鳴り響く、ヨーロッパの静かで伝統的なクリスマス。
私たち家族も素敵な時間を美味しい食事とともに、楽しく過ごすことができました。



迷った末、今年も赤を基調にしたテーブルコーディネート
寒いので、つい赤い色を選んでしまいます。

子供達作のケーキとキンダープンシュ




 

このブログを検索

読込中...